【空家対策】仲介手数料が改定されました【400万円以下の物件限定】

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は【空家対策・仲介手数料の上限緩和】についてのお知らせです。

ポイントを整理すると・・・

1 400万円以下の物件が対象
2 売主側(依頼者)が不動産会社に支払う金額が変わった
3 仲介手数料に「調査費等」を加え、18万円(税別)が上限となる。
4 2018年1月1日より施行となった。

概ねこの4点です。

背景としては、全国的に問題とされている「空家問題」。

空家は売買価格が安く、また調査などに経費もかかる割に報酬が少ないので
不動産会社の取り扱い意欲がわかず敬遠しがちであり、その為か、
なかなか空家が減らないので受け取れる報酬の上限を緩和しました。
というところでしょうか。

実際、花巻でも200万円とか場合によっては100万円とかいう
空家物件なども取り扱ったことがありますが、手数料は200万円だと
10万円、100万円だと5万円です。(いずれも税別)

売買にあたっては当然諸々調査しなくてはなりませんが、これは
物件が安いからといって手を抜けるわけもなく、3,000万円の物件でも
100万円の物件でもやる事は一緒です。

仲介料を考えると、仮に3,000万円の物件であれば96万円に
対して、かたや5万円(いずれも税別)でやる事は同じであれば、
それは報酬が多い方が良いのが人間の心理です。

また調査にあたり、経費が登記関係・法令関係・現地調査その他諸々で、
簡単に数万円かかる事もあります。(条件にもよります)

それじゃあそういう物件は依頼されても断ろうという業者が多かったのでしょう。
そこで、今回施行となった仲介料の上限緩和というわけです。

当社は売主様と協議の上、この金額は決めたいと考えております。

いずれにせよ、仲介料と合わせて18万円(税別)が上限ですので、これを
超える事はございません。

2018年1月1日より施行となったこの件を予めご承知おきくださいますよう
お願い申し上げます。

                                 店主

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です