冬場の結露のお話し

いつもご覧いただきありがとうございます。
花巻・住まいの情報館長、佐々木です。

毎日寒いので、暖房は欠かせませんが、ところで
暖房器具と結露の関係はご存知ですか?

よくこの時期「お部屋が結露する」という話を聞きます。

結露イメージ

「結露」は建物に原因があるケースは限られ、実は使い方に
その原因がある場合がほとんどです。

結露の原因は昔、小学校で習った「飽和水蒸気量」にあります。

簡単に言えば、暖かい空気は多くの水蒸気を空気中に含める事が出来るが、
冷たくなると空気中に留めておくことが出来ずに水滴になってしまう。
という事です。

例を挙げれば、夏場、冷たい飲み物を入れたコップにつく水滴です。

これは暖かい空気中に含まれた水蒸気が、冷たいコップのガラス面に
触れる事により冷やされ、空気中の水蒸気がそのまま空気中に留まる事ができずに
水滴になって表れてしまっているのです。

つまり、空気中の水蒸気量を減らせば結露は減らせるのですが、
水分を空気中に放出する原因は主に下記のようなものです。

「洗濯物の室内干し」「煮炊きの際に換気扇を回さない」
「浴室等の水蒸気」「室外に排気しない暖房器具」
「人間の呼吸」などなど・・・・・

ここで暖房器具が出てきましたが、持ち運び可能な石油ストーブや
ファンヒーター、排気しないガスストーブ等は大きな原因の一つで
例えば石油の場合、燃やした灯油と同じ量の水蒸気が空気中に放出されます。

ですから、エアコンがあるお部屋ではエアコンを使用する、あるいは
電気の暖房器具を使用する、あるいは石油ストーブを使う場合は
換気を意識しておこなう、等の対策が必要です。

また、それでも結露が発生する場合は、こまめに窓の結露を拭きとるなど
意識しておこなっていただくと快適に使用する事が可能になります。

冬場のマメ知識として覚えておいていただくとよろしいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です