売土地


土地を探すお客様は前提として建物を新築する事を考えていらっしゃる事と思います。

土地も分譲地のように上下水道が引込済みのものから、道路からの引込が必要だったり造成が必要だったりと、条件も様々です。

例えば住宅を新築する前提での土地探しの場合でお話させていただくと、下記のような点を考えながら計画を進めるとうまくいくと思います。

1 まずは土地建物・諸費用等の総額を逆算する

  土地だけ買えば計画が終わるわけではありません。
  あくまでもゴールは建物が建ってそこに住むまでのところにあるので、そこまで見越した計画が必要です。

  まずは自己資金・ローンの金額(返済額から逆算する)の合計が総費用と考えて、そこから諸費用や建物予算等を差し引き
  最終的に土地予算を算出します。その際に上下水道の引込や造成・整地等が必要であれば、その金額も計上する必要があります。

2 建物のイメージや予算を考える

  総予算を考える上で、建物の予算の把握は欠かせません。
  必要な広さもあるでしょうし、グレードやメーカーによって値段も開きがありますので、お客様が建物にかけられる金額を
  ざっくりとでもいいので把握する必要があります。アドバイスは出来ますのでお気軽にご相談ください。

3 融資が借りられるか打診する

  建物の予算がある程度見えて、土地予算も候補地も決まったら、必要な融資が受けられるかどうか事前審査を受けます。
  こちらもお手伝いできますのでお気軽にご相談ください。

4 諸々条件が整えば計画を具体的に進める


打ち合わせ等は細部に渡りますが、土地も建物も予算も問題なければ後は計画を具体的に進めても問題ありません。

諸々アドバイス・ご相談承りますので、お気軽にご相談ください。