住宅ローンは65歳までに完済すべし?

このページをご覧いただきありがとうございます。

このページに興味を持たれたという事は、多分貴方は住宅を買うべきか、賃貸でいいのか?
あるいはいつまでに買うべきなのか、迷っていらっしゃるのではないでしょうか?

「購入をお考えの方へ」のページでローンの組み方等詳しく書いていますが、おそらくご覧いただいた事と思います。

ここでは「いつまでに買うべきなのか?」という点についてのみ書いていこうと思います。

☆ 理想は「住宅ローンは65歳までに完済」

最近では少子高齢化の影響で退職年齢は上がっていますが、体力的な問題や、その年齢になった時の年収のダウンを
考えると、やはり65歳までに完済する計画が確実です。
年金がもらえる年齢がさらに引き上げられるかもしれませんし、60歳以降の収入が不明確な現時点で、それをあてにする事は
避けておきましょう。

☆ 35年ローンなら30歳までに購入?

あくまでも一つの目安ではありますが、65歳で完済をベースに考えると、35年返済なら30歳までに、
30年返済ならば35歳までに、25年返済ならば40歳までに購入すると完済年齢をクリアできます。

☆ 家が最も必要な時期は「子育ての時期」である

今はライフスタイルも多様化していますから、一概には言えませんが、ごくごく一般的なお話を致しますと、
家族には周期と言いますか、形がありますよね。

独身(一人暮らし)→結婚(アパート暮らし)→出産(家族が増える。アパートが手狭になる)
→子育て期(赤ちゃん→幼稚園→小中学生→高校生)→子供が自立する(大学進学・就職などで家を離れ自立)
→夫婦二人の老後生活
まあこんな感じでしょうか。

個人的な考えですが、最も家が必要なのは上でいうところの結婚から子育て期の20数年間位ではないかと思います。

もちろん、「終の棲家」をお考えの方もいらっしゃいますが、不動産の利用価値を考えますと、一番は価値が高いのは
子育て期ではないかと思うのです。

もちろん、今の雇用状況等を考えますと若くして家を買うなんてとんでもない、とお考えになる方も多いでしょう。
転勤があったり、実家にいずれ戻るであったり、様々な事情があれば別ですが、特にそういう事情が無ければ、
「家賃の支出」について考えてみて欲しいのです。

花巻市内の一戸建て貸家は、2LDKの築浅系であれば、65,000円前後です。
計算すると、1年間で78万円、5年間で390万円、10年間だと780万円の支出になります。

いかがですか?
毎月支払っているので意識しない方が多いかもしれませんが、結構大きい額ですよね。

もし家賃並みの支払いで家が購入できるとしたらどうでしょう。
賃貸でも持家でも結局「住居費」としての支出は避けられません。
少しでも早く返済をスタートし、早い時期に完済する事が出来れば、老後の生活がどれ位楽になる事でしょう。

ここに私が購入をお勧めする理由があります。

もちろんお客様の様々なケースによって、おススメ出来る時期や物件は様々ですが、これまで数多くの物件を
お世話させていただいた経験等に基づきアドバイスさせていただきます。

お気軽にご相談ください。