中古住宅


中古住宅の魅力は何と言っても「価格の手頃感」ではないでしょうか?

花巻市の場合、安い物件だと500万円以下、比較的築浅な物件でも1700万~1800万円程度
中古住宅が購入可能です。

新築と比較した場合、場所や広さを考えれば到底新築では不可能な金額で流通しているのが中古住宅です。

しかしながら、コンディションも様々で、ある意味「見る目」が問われるのも事実です。

築年数が同じでも、使用状況や仕様によってそのコンディションに雲泥の差が出る事もしばしばですし、
逆に多少築年数が古くても大切に使われていたり、定期的にメンテナンスされていた物件は、驚くほど状態が良い場合もあります。
いわゆるお買い得な物件という事です。

こればかりはいくら説明しても伝わらないので、「百聞は一見に如かず」で物件を内覧する事が大切です。

基本的に中古住宅の場合は「現状販売」が原則ですので、物件購入額以外にリフォーム工事が必要になる事も少なくありません。
もちろん業者が再販している物件などは、リフォーム済の物件が多いですが、その場合、リフォーム費用や経費等加算された
値付けになるのは避けられない為、「価格の手頃感」という意味では魅力は多少薄れてしまいます。

お客様からよく質問される「売りに出された理由」も様々ですが、「今の家を売って住み替えしたい」
「相続したは良いが使う予定が全くない」「転勤で戻って来る見込みが無くなった」「住宅ローンが払えない」
等々挙げればキリがありません。

皆さんが心配される「何か事件事故などがあったのでは?」という点に関しては、万が一そのような事があった場合、
きちんと告知する義務がありますので、その点はご安心いただいてよろしいかと思います。

冒頭でも書いたように、中古住宅はその価格の手頃感が最大の魅力ですが、「思うような場所に思うような間取り」
というのがなかなか難しいのも事実。
場合によっては土地を探してローコスト住宅を建てるという選択肢と並行しながら計画を進める事もおススメですよ。

当社では豊富な経験から、お客様に最適なプランや物件をご提案していますので、お気軽にご相談ください。